<< Poe-Tri Vo.15 | main | 10/3、10/4秩父オープンマイク・フェスタ! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

昨夜はPoe-Tri Vol.15

会場の3-triに入り、スタッフさんに挨拶する。誰も来ないうちにリハを済ませ、出演者の皆さんが到着するのを何となく待つ。この時間がちょっと好きだ。

そのうち三々五々、出演者が到着する。リハをする人もいれば、しない人もいる。世の中にはいろんなスタイルがある。

開場する。お客さんが集まり始める。初めての人、よく知っている人。椅子が埋まっていく。楽しいことがたくさんある金曜の夜に、1500円という安くないお金を払ってPoe-Triに来ることを選んでくれた、素敵な素敵な人たちだ。あちこちで小さな話の輪ができている。自己紹介し合う声もする。誰かと誰かがこの場で新しく出会い、何かの動きに繋がってゆくことがあるのなら、そんなに嬉しいことはない。

開演する。今回、出演者の順番を決めるのにかなり悩んだ。そんなことは今までにしたことがなかったのだけれど、人の意見も聞いた。あみだくじさえ試した。さんざん迷って最後に、猫道さんをオープニングに決めた。その猫道さんが、トラックを使わずアカペラでブチかます。集中力が爆発する。お客さんのベクトルが矢のようにステージに突き刺さる。凄い。

あしゅりんさんが続いて立つ。他作詩を先に持ってくる、いつもとは逆の構成。言葉が流れて、小さな流れがうねり、水量を増し、大きな川のようになる。さすがだ。

三人目。ごく初期の頃からPoe-Triに来てくれたrabbitfighterさんが、ついに出演者として3-triのステージに立つ。一語一語、リアルタイムで刻み出されてゆく言葉。皆がじっと見つめ、次の言葉を待つ。素敵だ。

オープンマイク。今回は十人が参加してくれた。ひとりひとりのパフォーマンスについて詳しく書きたいのだけれど、その代りに名前を列挙したい。登場順に。

カマコさん
八木竜平さん
TASKEさん
宇土八郎さん
midoさん
石渡紀美さん
ジュンさん
市毛友里さん
ジュテーム北村さん
ZULUさん

濃密な時間が流れていた。

後半に入る。川島むーさん。むーさんが上がると、会場が明るくなるような気がする。なぜか一発芸から入る。凄くくだらなくて最高だ。そして楽しく切れ味鋭い詩の世界。満足する。

私がラストを務める。前の夜に出来上がったばかりの「死んじまおうと海へ行った」を詠む。途中でいきなり原稿が手から落ちて焦った。あんなのは初めてで、誰かに叩き落されたみたいだった。気を取り直して原稿を拾うと、デタラメに拾ったのになぜか九枚の原稿がぴったり順番が合っていた。ホッとした。

出演者の皆様、本当にお疲れ様でした。そしてご来場の皆様、本当にありがとうございました。

Poe-Triは来月からまた第一水曜に戻って続いてゆきます。次回、10月7日水曜のPoe-Tri Vol.16、どうかご期待ください。

at 20:36, 大島健夫, 出たもの

comments(0), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 20:36, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment









trackback
url:http://lg-o.jugem.jp/trackback/43